レターパックについて

上手に使えば、送料の節約に役立つレターパック。

レターバックにはレターパックライトとレターパックプラスがありますが、違いはなんでしょうか。

大きな違いは料金がレターパックライトは全国どこに送っても370円、レターパックプラスは全国どこに送っても520円という点です。一律料金で安く送ることが出来るレターパック。メリットは、他にも日数に関するメリットがあります。それはレターパックライトとレターパックは平日だけでなく、土曜日・日曜日・祝日でも配達されるという点です。

  1. レターパックプラスの配達スピードは速達並み
  2. レターパックライトはスピードが速達並みであるという保証は無い基本的にはレターパックライトも速達並みの日数で送られる

ちなみに当日扱い(翌日に配達されるための)の締切時間は、郵便局の店舗により異なりますが、目安として郵便局の窓口に12時までに差し出されたものは午前の差し出し、17時までに差し出されたものは午後の差し出しとして扱われ、それ以降の時間に差し出されたものは翌日の発送(配達が翌々日)となります。(店舗によっては19時まで当日扱いをしている郵便局もあります)

道路の片隅にある郵便ポストへの投函でもレターパックライトとレターパックプラスは差し出すことが出来ますが、郵便局の人が郵便ポストまで投函された郵便物を取りにくる回数は1日に4回ほどなので、確実に当日午前の差し出し、当日午後の差し出しと扱ってもらうのであれば、郵便局の窓口から差し出す必要があります。

以下、参考までに過去の照会結果ですが、レターパックライト、レターパックプラスともに早ければ翌日の朝、遅くても昼にはお届け先の取扱局に到着しています。